小児科 看護師

小児科の看護師

看護師になるために、知識だけじゃないスキルが必要となるのが小児科かもしれません。

 

まず小児科とは、主に15歳くらいまでの子供を対象に疾患の治療を行っています。

 

相手は思春期の小さな子供ですから、非常にデリケートな看護が要求されます。

 

大人に対する看護とは全く異なり、意識そのものを変える必要も時にはあります。

 

例えば、病院に来るだけで不安になり泣き出してしまう子供もたくさんおりますので、優しく接する部分。

 

もう1つは子供が入院した場合には保護者の代わりになる必要がありますので、時には家庭教師のように勉強を教えてあげたり、悪いことをしていたら叱ってあげることも必要になります。

 

かなり専門性の高い科目の為、小児救急看護の認定看護師も制度化されています。キャリアップにはとても良い科目ですので、オススメです。