看護師復職支援セミナー

看護師復職支援セミナー

最近は多くの病院で、看護師復職支援セミナーが行われていますね。

 

ナースバンクの主催や自治体の主催、病院の主催と種類はいろいろありますね。

 

私もブランク7年あったので不安が大きく、復職支援セミナーに参加しました。

 

私は、病院が独自で開催しているセミナーに参加しました。

 

私は、中途採用者やブランク看護師が働きやすい病院を看護師求人情報サイトで探してもらったので、復職支援セミナーはぜひ受けた方が良いとアドバイスをいただきました。

 

セミナーは7日間の行程で、最初は講義が中心で、疾患と看護・薬剤の作用と使い方・看護記録の方法・アセスメントなどを受けました。

 

その後、実習に移り、輸液ポンプの使い方・酸素の準備・呼吸器の取り扱い・点滴や採血の仕方・経管栄養の方法・吸引・体交などさまざまな事を行いました。

 

最終日は、実際に職場に行き、同僚になる方の紹介や病院全体の紹介などを行いました。

 

7日間もセミナーがあったので準備も万全に行う事が出来ましたが、就職してからもブランク看護師にもプリセプターがつく制度があり、本当に心強かったですね。

 

ブランク看護師は経験者とみなされて、入職後から即戦力と言う目で見られます。

 

急に訳も分からず患者を担当させられたら事故に元ですから、ブランク看護師にもプリセプター精度があるのは、本当にすばらしい!と思いましたよ。